« 栗駒山を仰ぎ見て -早春編 その6- | トップページ | 午後の日差し -その1- »

2006年3月29日 (水)

栗駒山を仰ぎ見て -早春編 番外?-

 ある晴れた早春の昼下がり、谷地畑駅に行くと以前駅裏にあった縫製?工場の跡が整地され少しガランとしてた。待合室の前に自転車が置いてあってので何の気なしにスナップしようとして沢辺の方を見たら・・・ここからも栗駒山が見えることに気づいた。
 ”いずれ”と思ったまま1年が過ぎてしまったが、そのうち撮らないと・・・。
0532_4_01
0532_4_02
くりはら田園鉄道 谷地畑(二枚とも)

« 栗駒山を仰ぎ見て -早春編 その6- | トップページ | 午後の日差し -その1- »

コメント

ほほぅ、正面ドカン山バックがとれるわけですね。

とはいえ、ちょいと架線柱がうるさいかな?
 今度行って撮れそうならやってみます。

ぱれお様

次回はGWでしょうか?
晴れると良いですね。

そうですね、桜が撮りたいですね。
もっとマメに通いたいところですが、やっぱり宮城は遠いです。

桜ですか。

昨年よりも早そうなので、GWの前の週末に見頃になれば良いですね。平日行くのは難しいですからね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栗駒山を仰ぎ見て -早春編 番外?-:

« 栗駒山を仰ぎ見て -早春編 その6- | トップページ | 午後の日差し -その1- »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ