« 夏雲 -その6- | トップページ | 盛夏の記憶 -その1- »

2006年7月30日 (日)

夏雲 -その7-

夏雲 -その1-から夏雲 -その3-の場所が、その後どうなったかと言うと・・・やはり勢いを増した雲が太陽を隠してしまいました。雲の下では今頃にわか雨が降っているのでしょうか?
0455_7_02
くりはら田園鉄道 津久毛-沢辺

« 夏雲 -その6- | トップページ | 盛夏の記憶 -その1- »

コメント

でも、下手に日が当たっているときよりこっちの方が雲にコントラストがあってドラマチックですよね。

ぱれお様

>>でも、下手に日が当たっているときよりこっちの方が雲にコントラストがあってドラマチックですよね。

遮っている雲込みだったことが幸いしたのかもしれません。普通は・・・それにしても列車が通過するときに限って曇るのは何故!?

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏雲 -その7-:

« 夏雲 -その6- | トップページ | 盛夏の記憶 -その1- »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ