« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

盛夏の記憶 -その1-

一昨年の夏のある日、午後に降った通り雨が上がった後に栗原田町駅に立ち寄ると・・・。
0456_4_04
くりはら田園鉄道 栗原田町駅

2006年7月30日 (日)

夏雲 -その7-

夏雲 -その1-から夏雲 -その3-の場所が、その後どうなったかと言うと・・・やはり勢いを増した雲が太陽を隠してしまいました。雲の下では今頃にわか雨が降っているのでしょうか?
0455_7_02
くりはら田園鉄道 津久毛-沢辺

2006年7月29日 (土)

夏雲 -その6-

(別の日ですが)また場所を変えて・・・。このカットもそうですが雲の勢いが強くてディーゼルカーが来る頃にちょうど日が陰り涙を飲む事も度々です。
0554_2_05
くりはら田園鉄道 鶯沢-鴬沢工業高校前

2006年7月28日 (金)

夏雲 -その5-

更に場所を変え・・・。ここは普段はコンクリートの電柱を入れないようにするのですが、この日は雲優先でした。
0458_5_04
くりはら田園鉄道 尾松-鴬沢

2006年7月27日 (木)

夏雲 -その4-

場所を変えて杉橋へ・・・栗駒山上に入道雲が発達中。
0458_3_06
くりはら田園鉄道 鳥矢崎-杉橋

2006年7月26日 (水)

夏雲 -その3-

 今度は逆光側で・・・。夏の太陽は高く、広角レンズでも捕らえるには容易ではありません。
0455_5_03
くりはら田園鉄道 沢辺-津久毛

2006年7月24日 (月)

夏雲 -その2-

 入道雲は時々刻々その姿を変えます。"その1"の時には丁度良い塩梅だったのですが、列車が来る頃には発散気味に・・・なかなかうまくいきません。
0455_4_06
くりはら田園鉄道 津久毛-沢辺

2006年7月21日 (金)

夏雲 -その1-

長い間お待たせしました?

本日より再びくりでんメインの更新となります。梅雨はまだ明けそうにありませんが写真だけでも一足先に夏を感じていただけたらと思います。先ずは夏雲から始めます。
0455_4_03
くりはら田園鉄道 沢辺-津久毛

2006年7月20日 (木)

暁の二重唱 -その22-

 7月ともなると日の出の時刻が遅くなり、陸東あけぼのの季節も終わりを告げます。延々と続けた陸東あけぼのもいよいよ最後、本日のカットは更に遅いお盆の頃の長沢-南新庄をアウトカーブ側から撮ったものです。
 この前日に大きな地震があり陸羽東線も不通になったので遅れの可能性を考えて行ったのですが、見事に定時に通過していきました。この頃には既に日の出前となっていますが空の明るさに救われました。
R9632_15
陸羽東線 長沢-南新庄

2006年7月19日 (水)

暁の二重唱 -その21-

霧に泣かされる事が多かったR13アンダークロス付近、最後には開き直って撮ることもありました。この日も真っ白だったので思い切って流し撮り!
R9626_22
陸羽東線 長沢-南新庄

2006年7月18日 (火)

暁の二重唱 -その20-

 またまた間があいてしまいました。今度は年に一度の鉄道写真関連のミーティングの準備のためだったのですが申し訳ありません。

 さて、これまで”あけぼの”の正面からのカットはありませんでしたが、これは単純に機材(大口径望遠)を持っていなかったからにつきます。”今だったら・・・”いう良くある話になってしまいますが、やっぱり残念です。
 本日はそんな中唯一の正面カットです。でも、これで300mm・・・500mmあったらなぁです。なお、この日は夜明けまでは晴れていたのですが背後から霧が忍び寄り、気がつけは周囲は真っ白になってしまいました。
R9417_6
陸羽東線 長沢-南新庄

2006年7月13日 (木)

暁の二重唱 -その19-

 この場所は雑誌でも紹介されたこともあり定番中の定番でした。特に”あけぼの”が走り始めた当初は50系客車末期と相まってそれなりに撮影者が集まったものです。本日のカット尻切れトンボですが編成が長いし、空は鉛色で撮りづらかったんですよ(^_^;
Image02
陸羽東線 長沢-南長沢

2006年7月12日 (水)

暁の二重唱 -その18-

 家族が夏風邪をこじらせてしまい、仕事に看病に忙しく更新が滞りました。皆さんもお気をつけください。

 さて、長沢を出て暫く杉林の間を走った”あけぼの”はR13をアンダーパスする手前、大きくカーブしたところで再び姿を現します。
D3_15_1
陸羽東線 長沢-南新庄

2006年7月 6日 (木)

暁の二重唱 -その17-

定番から離れて24mmで狙う。後年で対岸の木は伐採されて減っている。ここは霧が出にくい方だったがこの日は出ていた。
R9520_16_2
陸羽東線 東長沢-長沢

2006年7月 5日 (水)

暁の二重唱 -その16-

 当時長沢側には線路際に小高い土盛があり、その上から撮るのが定番だった。85mmで狙うが編成が長くて収まらない。
R9308_8_1
陸羽東線 東長沢-長沢

2006年7月 4日 (火)

暁の二重唱 -その15-

 陸東あけぼのハイライトの1つ、東長沢-長沢間の小国川の鉄橋を渡る。
R9308_2
陸羽東線 東長沢-長沢

2006年7月 3日 (月)

暁の二重唱 -その14-

 東長沢駅を過ぎたところを流す。次回はいよいよハイライトの1つである。
R9412_29
陸羽東線 東長沢-長沢

2006年7月 2日 (日)

暁の二重唱 -その13-

 そして、いよいよ東長沢に至る。
R9312_2
陸羽東線 瀬見(現瀬見温泉)-東長沢

2006年7月 1日 (土)

暁の二重唱 -その12-

 昨日の定番ポイントを小国側対岸のR47バイパスから望む。
D3_9_1
陸羽東線 瀬見(現瀬見温泉)-東長沢

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ