« 盛夏の記憶 -その10- | トップページ | 晩夏謳歌 -その2- »

2006年8月17日 (木)

晩夏謳歌 -その1-

 お盆を過ぎると東北の太平洋側はぐずついた天気が続きます。しかし秋らしくなったわけではなく、ちょっとでも日が差せば相変わらず暑い日々が続きます。
 蔦もまだまだ伸びますが、線路を越えるのは・・・無理ですね。
0555_7_04
くりはら田園鉄道 鴬沢工業高校前-細マインパーク前

« 盛夏の記憶 -その10- | トップページ | 晩夏謳歌 -その2- »

コメント

その前に列車に切られるとおもふ・・(^^;

ぱれお様

>>その前に列車に切られるとおもふ・・(^^;

そうなんですが、中には線路の下をくぐる賢い?のも・・・。

やつらは太陽を求めてのびていくのでわざわざ暗い方へは延びないのでは??
 学習効果があるとか??

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩夏謳歌 -その1-:

« 盛夏の記憶 -その10- | トップページ | 晩夏謳歌 -その2- »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ