« 晩夏謳歌 -その8- | トップページ | 晩夏謳歌 -その10- »

2006年8月30日 (水)

晩夏謳歌 -その9-

 この時期、太陽が沈んで残照で空が茜色に染まる頃、上り列車がやってくる。もう少し早いと最高なんだけど・・・願いは叶わない。
0462_3_02
くりはら田園鉄道 鳥矢崎-杉橋

« 晩夏謳歌 -その8- | トップページ | 晩夏謳歌 -その10- »

コメント

太陽はもう少し早い時期でないとダメですね。
でもこの空バックでも良いと思いますけどねぇ・・・

ぱれお様

>>太陽はもう少し早い時期でないとダメですね。

そうですね。ただ太陽の沈む位置が北(画面では右)に寄ってしまいます。もう少し列車の通過時刻が早ければ・・・うまくいかないものです。


>>でもこの空バックでも良いと思いますけどねぇ・・・

まあ・・・もうちょっと絞り開ければ良かったかな?

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩夏謳歌 -その9-:

« 晩夏謳歌 -その8- | トップページ | 晩夏謳歌 -その10- »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ