« 盛夏の記憶 -その4- | トップページ | みんなが しあわせになる まつり -その2- »

2006年8月 7日 (月)

みんなで しあわせになる まつり -その1-

 長かった梅雨も明けていよいよ盛夏、東北でも暑い日が続いています。盛夏の記憶はまだ続くのですが、本日から数回は先週末に細倉と栗駒で行われた"みんなで しあわせになる まつり"の栗駒について、くりでん撮影の合間に足を運びましたので紹介しようと思います。

 栗駒での祭りの会場は栗駒駅の少し先の商店街です。下のカットは栗駒駅前ですが、その中で古そうなバスの左手になります。

R0010096

 商店街は歩行者天国と化してました。道路脇のところどころに何やら古そうな車が展示されています。


R0010086
普通旧車のイベントというとスポーツカーを思い浮かべると思う(実際そういうジャンルの車の展示もあったのですが)、今回の主役は”働く車たち”でした。古くからの建物が多く残る商店街ですので全く違和感無く溶け込んでいます。
R0010083
R0010084
R0010078

« 盛夏の記憶 -その4- | トップページ | みんなが しあわせになる まつり -その2- »

コメント

ほんと、町にとけ込んでます。
3月のときよりも車種がグッと増えてますね。
とても行きたかったのですが平日だったので残念ながら無理でした。

999D様

 働く車だけで十数台、スポーツカーやオープンカーと併せると二十数台は展示されていたと思います。
 それから、栗駒駅で展示する貨物列車の回送は平日でしたが、祭り自体は土日ですよ(^_^;。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みんなで しあわせになる まつり -その1-:

« 盛夏の記憶 -その4- | トップページ | みんなが しあわせになる まつり -その2- »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ