« くりでん博奮戦記 -その1- | トップページ | くりでん博奮戦記 -その3- »

2006年10月 3日 (火)

くりでん博奮戦記 -その2-

9:10
急いで駅に戻りバックヤードツアーの最終確認に合流、注意点を再確認後本部付近にて打ち合わせしつつ待機

9:45
ホームから見た本部の様子です。昨日ED20にぶらさがっていたてつてる坊主はここに移されていました。
R0010414_1

9:55
オープニングセレモニー開始、くりでんを後世に伝える会、くりでん応援倶楽部、マイドリームくりはらからそれぞれ代表の方の挨拶がありました。
R0010415

10:00 本日だけ1番線からの石越行き回送列車の出発・・・と同時に8月にも聞いた蒸機汽笛一声・・・さらにKD95より返礼のタイフォンが鳴り響きました(粋ですね。グッときちゃいましたよ)。くりでん博いよいよ開始です。
R0010419

« くりでん博奮戦記 -その1- | トップページ | くりでん博奮戦記 -その3- »

コメント

あ〜、ホントだこんな所にてるてる坊主いたのですね。。気が付きませんでした。
 セレモニーに回送列車を使うというのも珍しいですね。しかし汽笛とタイフォンの応答は聞きたかったなぁ・・

ぱれお様

てるてる坊主は確かに判りにくい場所でした。
回送列車はくりでん博の開始時刻の関係でたまたまでということでしょう。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くりでん博奮戦記 -その2-:

« くりでん博奮戦記 -その1- | トップページ | くりでん博奮戦記 -その3- »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ