« 石越駅点描 -その1- | トップページ | 石越駅点描 -その3- »

2006年12月 4日 (月)

石越駅点描 -その2-

駅舎の中、そこは昭和の世界。

出札窓口
Gr0011005
ベンチ
Gr0011002
改札口
Gr0011008
くりはら田園鉄道 石越駅

« 石越駅点描 -その1- | トップページ | 石越駅点描 -その3- »

コメント

昭和の多い中、「ワンマン」の文字が現実に引き戻されますね。

ぱれお様

そうですね。昭和の時代は窓口が開いてました。平成になってもしばらく開いていたのでJR東が硬券を廃止してから数字並びの日付の入場券を求めに何度か来た事があります(一時期くりでんでも日付をスタンプで押していた時期があり、それがキッカケで数字並びの日付の切符を買うのを止めたっけ)。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石越駅点描 -その2-:

« 石越駅点描 -その1- | トップページ | 石越駅点描 -その3- »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ