« 続・記憶の片隅にでも | トップページ | 冬の装いへ -その6- »

2006年12月25日 (月)

冬の装いへ -その5-

(冬の装いへ -その4-より続く)

石越で折り返した列車が来るまでの1時間弱で冬枯れの世界は雪景色へ変わってしまった。
0588_3_03
くりはら田園鉄道 大岡-沢辺

« 続・記憶の片隅にでも | トップページ | 冬の装いへ -その6- »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の装いへ -その5-:

« 続・記憶の片隅にでも | トップページ | 冬の装いへ -その6- »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ