« 冬の装いへ -その4- | トップページ | 冬の装いへ -その5- »

2006年12月24日 (日)

続・記憶の片隅にでも

冬の装いへは一回休みにして・・・

今週末はクリスマス・・・というわけも若干ありで、昨日子供を2ヶ月ぶりにくりでんに乗せに行ってきました。彼は秋の行楽シーズンを終え、普段の姿に戻ったかのような、のんびりとした車内から外を眺め、「オー(若柳の車両、特にDB10に対して)」「ブップ(車のこと)」、「トット(鳥のこと)」と叫んで大満足だったようで、最後は降りるのやだといって暴れてました・・・(^_^;。

R0010843

そうそう、石越駅の待合室には、こんなツリーがありました。
R0010831
くりはら田園鉄道 石越

« 冬の装いへ -その4- | トップページ | 冬の装いへ -その5- »

コメント

先日はせっかくお会いできたのにゆっくり話ができず申し訳ありませんでした。
僕も、父親に連れられて、新小岩でSLを見たり、玉電の渋谷~三宿間などに乗ったはずなのですが、残念ながら記憶から落ちております。(苦笑)
今年はお世話になりました。よい年をお迎えください。

吉田電車様

 年末忙しい中撮影に行ったりしてWebにアクセスする時間がとれず年越しレスになってしまいました。
 こちらこそ撮影にバタバタしており申し訳ありません。私も特に印象的でイメージを反芻してきたもの以外は記憶から落ちていますね。

PS KD10は往年の南部縦貫鉄道に比べると現代的ですが、2軸車独特の乗り心地が楽しいですね(^_^)。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・記憶の片隅にでも:

« 冬の装いへ -その4- | トップページ | 冬の装いへ -その5- »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ