« 鉛色の空の下 -その1- | トップページ | 鉛色の空の下 -その3- »

2007年1月30日 (火)

鉛色の空の下 -その2-

夜半の雪がやんだ朝は雪が音を吸収するから静かである。そんな静けさを破ってディーゼルカーがトンネルを飛び出してきた。

0507_5_03
くりはら田園鉄道 細倉マインパーク前-鴬沢工業高校前

« 鉛色の空の下 -その1- | トップページ | 鉛色の空の下 -その3- »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉛色の空の下 -その2-:

« 鉛色の空の下 -その1- | トップページ | 鉛色の空の下 -その3- »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ