« 渡り鳥の楽園 -その2- | トップページ | サヨナラの季節 -はじめに- »

2007年2月28日 (水)

渡り鳥の楽園 -その3-

 出没頻度は川に比べると低くなりますが鳥達は落穂をついばみに田んぼにもやって来ます。白鳥は人をあまり恐れないようで、歩いて近くまでよっても警戒の声を上げるくらいで飛び立つことはありません。一方雁や鴨は遠くからレンズを向けただけで猟銃と勘違いするのか飛び立ってしまいます(一部カメラ慣れした雁もいたので必ずではありませんけど・・・)。
0501_2_03
くりはら田園鉄道 鴬沢-尾松

« 渡り鳥の楽園 -その2- | トップページ | サヨナラの季節 -はじめに- »

コメント

白鳥は確かに人慣れしていますが、ここまで近づくにはなかなか難しいのでは?
 かなりじりじり行かないと、やっぱり逃げられます。

ぱれお様

勿論ゆっくりと近づいています。ところで、歩いて遠ざかっても飛び立つことが無いのは重くて飛ぶのがあまり好きじゃないからでしょうかね。

多分そうでしょう、飛び立つの見ていると大変そうですから(^^;

この記事へのコメントは終了しました。

« 渡り鳥の楽園 -その2- | トップページ | サヨナラの季節 -はじめに- »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ