« 磐西貨物の記憶 -夏編その9- | トップページ | 磐西貨物の記憶 -夏編その11- »

2007年7月20日 (金)

磐西貨物の記憶 -夏編その10-

朝の貨物が一段落した後は、仕事の休みが土日ということもあり「SLばんえつ物語」に転戦することが多かったです。「ばんもの」の下りは追いかけても野沢の手前までに留めて喜多方に戻る頃には夏とはいえ日が西に傾きはじめます。その中を貨物列車は駆け抜けていきました。
0159_06s
0159_09s
0159_10s
磐越西線 喜多方-山都(三枚とも:2001年)

« 磐西貨物の記憶 -夏編その9- | トップページ | 磐西貨物の記憶 -夏編その11- »

コメント

夏とはいえ、秋の様な爽やかな空ですね。
夕方になると気温が下がるせいでしょうかね?

ぱれお様

秋のような雲は大気の状態によるのでしょうね(昨年のくりでんでは夏雲と秋雲の共演が見られました)。このカットは前後の駒のつながりから会津若松でC57とD51が並走した日と思われますので少なくともお盆前ではあります。

 まいど♪

 いやぁ、良い空の色ですね~
 このズド~ンと落ち込む色の深さと赤の発色の深さはKRですねぇ・・・・

 KODAKのデジカメにPKR発色モードとかあったら即買いするんですが(笑)

ふうらいぼ様

この時期はE100Sも使ってましたので調べないと確実なことは言えませんが、前後のカットのスキャンがから考えるとKRと思います。色が緑に傾く外れロットを引いてしまうと悲劇ですが良いフィルムです。日本では今年12月で実質終了なのが本当に残念です。

この記事へのコメントは終了しました。

« 磐西貨物の記憶 -夏編その9- | トップページ | 磐西貨物の記憶 -夏編その11- »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ